日本刀には5つの聖地があった

投稿者:

日本刀は奥が深い。

お膳立てはほどほどに。

 

 

明治時代、「特徴が際立っている」「国宝指定の名刀を数多く産している」という判断基準から、日本刀の代表的産地5箇所「五ヶ伝」が定められた。

 

大和伝

美濃伝

備前伝

山城伝

相州伝

 

 

 

大和伝

大和は現在の奈良。朝廷に刀剣を納めたこともあり、鎬が高くかつ幅が広い、実用本位の無骨な刀を数多く輩出した。

 

 

美濃伝

大和の刀剣製作者が現在の岐阜に移住して始めた刀製作の技法。

実用本位の鋭い切れ味で武士たちに高く評価された。

中心地の関は現在も「刃物の町」として有名。

 

 

備前伝

備前は現在の岡山東部。

良質な砂鉄が採れるため、古刀期には刀剣の産出量日本一を誇った。

長船派をはじめとする多数の刀工派を輩出。

 

 

山城伝

山城は現在の京都。

朝廷に多くの刀剣を納めたこともあり、不純物の少ない地金を使った、きらびやかで美しい刀身が特徴的。

芸術としての傾向が強い。

 

 

相州伝

鎌倉時代末期、現在の神奈川に刀職人が集まってできた。

幕府に置かれた鎌倉を中心とした流派。

薄い刀剣ながら強度抜群の刀を作り出し、各地の刀剣製作に大きな影響を与えた。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中