日本刀の最高傑作「天下五剣」

投稿者:

数多ある日本刀の中、現存する名刀中の名刀五振りを「天下五剣」と呼ぶ。

 

一、童子切安綱

二、鬼丸国綱

三、数珠丸恒次

四、大典太光世

五、三日月宗近

 

 

c6bfe24155e63f91fa1d059d4c930b23-e1438422753846

童子切安綱

昭和八年一月、国宝第一号に指定された平安時代製作の名刀。

「童子切」という名は源頼光が後年、大江山に巣食い都人を苦しめた鬼「酒呑童子」の首を斬ったことに由来する。

5842285i

鬼丸国綱

鎌倉幕府初期の最高権力者・北条時政の所有であり、夢で時政を苦しめる鬼を斬り殺して時政を救ったため「鬼丸」の名付けられた。

web_0946.png

数珠丸恒次

日蓮宗を開いた日蓮宗人上人ゆかりの名刀。

仏僧である上人は刀身。鞘に収めたまま、杖として使っていたという。

170

大典太光世

平安時代の名工・三池典太光世の作。

足利将軍家から豊臣秀吉を経て、加賀前田家の所有に。

62c2743e

三日月宗近

平安時代の名工・三条宗近の作であり、天下五剣で最も美しい剣である。

北条所から徳川将軍家を経て、現在は東京国立博物館が所蔵している。

images-5

 

 

 

 

 

 

 

三日月宗近

town204940_pho11

鬼丸国綱

5cb8100e

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中